www.norikura.org 乗鞍大雪渓 Web Site


このサイトでは乗鞍大雪渓・四季の乗鞍の様子をリアルタイムに掲載いたします。

画像・記事の転載・引用・リンクについて  
(E-mail : WebMaster@norikura.org)
(Twitter : @norikura_org)
 

★ 【2024速報】 2月24日(土)取材分を掲載。(毎週土曜日掲載予定、次回は3月2日(土))
★ 【大会特集】 ●8月27日開催の乗鞍ヒルクライム2023(今回は大会特集はありませんが当日速報を掲載しております) 
★ 【県道乗鞍岳線カーブ番号・バス停(GoogleMap))】 GoogleMapにて作成したカーブ番号・バス停の地図

| 過去のお知らせ(バックナンバー) |

 

 

■ 【更新情報】

【2024/02/22】 次回の速報掲載は2月23日(金)を予定しておりましたが、2月24日(土)に変更します  

【2023/12/16】 12月16日(土)より、2024シーズンの速報連載を開始しました。(毎週土曜日掲載予定)  

【2023/10/24】 10月21日現在の紅葉状況 (ノリクラ雪渓カレンダー紅葉版Vol.8)  

【2023/10/17】 10月14日現在の紅葉状況 (ノリクラ雪渓カレンダー紅葉版Vol.7)  

【2023/10/10】 10月7日現在の紅葉状況 (ノリクラ雪渓カレンダー紅葉版Vol.6)  

【2023/10/03】 9月30日現在の紅葉状況 (ノリクラ雪渓カレンダー紅葉版Vol.5)  

  ※過去のお知らせ(バックナンバー


  

| 過去のお知らせ(バックナンバー) | TOP |

 

 

◎速報 

★過去の速報★| 2023年11・12月 | 2023年10月以前(→INDEX) |

 

 

■2024年2月24日(土)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

ツアーコース・位ヶ原・山頂方面は、雲上の別世界が広がる
@ 2024/02/24 09:10
どんよりと垂れ込める雲から青空が見えてきた
(かもしかゲレンデ)
A 2024/02/24 09:20
かもしかリフトを降りると一気に快晴
(ツアーコース入口)

B 2024/02/24 13:05
重厚な雲海が眼下に浮かぶ
(位ヶ原)

C 2024/02/24 12:45
昨日までの悪天候がウソみたいな快晴の一日
(位ヶ原)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 山麓の乗鞍高原では、終日、曇り空が広がっていた模様ですが、ツアーコースより上部エリアは雲海の上の快晴が広がり、この1週間の悪天候がウソみたいな絶好のバックカントリー日和となりました。

<乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、どんよりとした低く垂れこめる雲に覆われた朝を迎えます。気温はマイナス7℃と久しぶりに冷え込んでいます。周辺の木々は真っ白に着雪していて、神秘的な樹氷の世界が広がっています。

この1週間は悪天候が続き、特に2月21日(水)から22日(木)にかけて、まとまった降雨となり、23日(金)は雪になったものの、一気に雪解けが進んでしまいました。そのため、Mt.乗鞍は、ゲレンデコンディションが悪化し、22日(木)は、ゲレンデ修復作業を実施したため、夢の平クワッドリフトと、かもしかリフトが終日運休になるほどでした。

そのMt.乗鞍ですが、今日は通常通りの営業が実施されました。しかしバーンは所々で地肌が見られ、不具合部分にポールがいくつも立てられていて、ハイシーズンである2月とは思えない光景となっています。ただ、バーン状況は昨日の降雪がうっすらと乗っているため、比較的良好な状態です。

道路状況ですが、国道・県道ともにほぼ問題ない状態ですが、観光センターから先は、路面凍結が見られますので、冬用タイヤ・タイヤチェーンはまだ必要と思われます。

<ツアーコース>
乗鞍高原をすっぽりと覆っていた雲・濃霧は、かもしかゲレンデあたりから抜けはじめ、かもしかゲレンデんの中間付近から雲海の上に出て、一気に快晴の青空が広がります。ゲレンデ最上部のツアーコース入口には、9時30分の段階で気温マイナス2℃、若干薄いベールが青空を覆いますが、くっきりとした青空で、真っ白に雪化粧された木々が青空をバックに綺麗に輝きます。朝一番の段階で50名ほどの入山者が出発の準備を始めています。その後も続々とお越しになり、午前中だけで70名ほどの入山者があったものと思われます。

バーンコンディションですがパウダーはゼロ。昨日の降雪で幾分新雪が乗っているものの下地が硬く、シールが効きにくい状態。そのため、入口急斜面上端部分は、左側の正面部分を登った方はかなり苦労されていました。ただ、いつもは安全な右側の樹林帯も今日は硬くなっていて、板を外してツボ足で登るスキーヤーもいらっしゃいました。それでも、左側の正面部分よりは状態が良いと思いますので、明日以降入山される方は、必ず右側の樹林帯から登ることをお勧めします。

このような硬い下地のバーンコンディションは、3番標識過ぎまで続き、位ヶ原急斜面あたりでようやくパウダーらしいコンディションとなってきます。11時30分の位ヶ原急斜面の気温は6℃まで上昇します。位ヶ原急斜面は2021年3月14日(日)に死亡事故を伴う雪崩が発生しておりますが(→2021年3月14日(日)速報参照)、今回も同じような箇所から小規模な雪崩が発生しております。スキーヤー・ボーダーなどによる誘発雪崩と思われますので、登攀と滑走のルートは状況を考慮して選定してください(位ヶ原急斜面においては、下から見て右側上部〜中央にかけて雪崩が流れる傾向が見られますので、左側の登ることをお勧めします)

<位ヶ原>
ツアーコースから森林限界を超えて、位ヶ原に到達しても、今日は穏やかな快晴が続きます。13時の位ヶ原の気温は0℃。やや風があるものの、寒さはほとんど感じません。また、通常、雲海は午前中の早い時間帯に消滅することが多いのですが、今日は午後になっても全く変わらず存在しました。

今日は多くの方が山頂方面に向かった模様で、「非常に良いロケーションを楽しむことができました」と、おっしゃる方がたくさんいらっしゃいました。バーンコンディションは、時間とともに日差しで緩む傾向でしたが、肩の小屋より上部はアイゼンがサクサクと食いつくコンディションだった模様です。また、滑走エリアとして知られるすべり台は朝一番は硬かった模様ですが、午後には緩んできたようですが、富士見沢に向かったスキーヤーの話では、新雪が10センチほど積もっていて、富士見沢のほうがコンディションが良かったとのことでした。

<ツアーコース積雪状況>
本日のツアーコースの積雪量は下記の通りで、降雨により、下部ほど大幅に積雪が減少しています。
・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪20センチ。(先週より50センチ減少。昨年より90センチ少ない。)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪75センチ。(先週より40センチ減少。昨年より45センチ少ない。)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪150センチ。(先週より25センチ減少。昨年より40センチ少ない。)

次回速報は3月2日(土)の予定です。(2024/02/24 20:00更新)

2月24日(土)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】


| 速報バックナンバー | TOP |
 

■2024年2月17日(土)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

朝は快晴、午後から吹雪へ。ツアーコースはゲレンデみたいな雪質
@ 2024/02/17 09:20
朝は真っ青な晴天
(ツアーコース入口)
A 2024/02/17 11:10
全体的にゲレンデみたいな硬めバーン
(ツアーコース − 5〜6番間)

B 2024/02/17 11:50
唯一のパウダーゾーン
(ツアーコース − 位ヶ原急斜面)

C 2024/02/17 12:20
すべり台へ行ってきましたけど...爆風が辛くて!!
(位ヶ原 − この後吹雪となる)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 朝一番は綺麗な青空でしたが、山頂方面はすぐに雲がかかり、午後には吹雪となりました。ツアーコースはゲレンデのような硬さのバーンが広がって滑りやすいものの、パウダーゾーンがほとんどない状態となっています。

<乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、気温マイナス5℃でほぼ快晴の朝を迎えます。先日の三連休はややまとまった降雪が続いたものの、その後は気温が高めで、15日(木)は晩にかけて大雨に見舞われて、乗鞍高原一帯の積雪がかなり少なくなっています。

国道・県道ともに、路面凍結や積雪はなく、観光センターから先でも、一部を除いて路面凍結はほとんどない状態です。ただ、まだ、2月中旬ですので、まだこれからも積雪凍結は十分ありますので、冬用タイヤ・タイヤチェーンは必要です。

Mt.乗鞍 第三駐車場は、先週の三連休ほどではないものの、早い段階から多くの来場者があり、お昼前には満車となりました。また、朝一番は駐車場内が凍結しますので、駐車場からゲレンデへ移動する際は足元に十分注意が必要です。先ほどまでくっきりと青空に浮かんでいた乗鞍の峰々は、8時ごろには雲の帯が横たわって姿を消してしまいました。天候は予報よりもやや早めに悪化している感じです。ゲレンデの積雪は木曜日の大雨の影響でやや減少しているものの綺麗に整備されて雪質も柔らかく、滑走上の問題はありません。

<ツアーコース>
9時30分のツアーコース入口は、綺麗な晴天で気温プラス2℃。朝一番の段階で30名ほどの入山者があり、午前中だけで50名以上が入山した模様。燦々と降り注ぐ日差しで暑さを感じる状態で、アウターをザックに押し込んで出発します。

入口急斜面のバーンはやや硬めで、場所によってはパックされている状態。また、ツアーコースの最大の難関である入口急斜面上端は、左側の正面部分と右側の樹林帯の2ルートがありますが、左側の正面部分はバーンが硬く、シールのグリップが効かない状態ですので、登りは右側の樹林帯からのアクセスをお勧めします。下りは正面からの下山となります(右側の樹林帯からの滑走は困難)。

1番標識以降は表面に柔らかさを感じるようになってきます。ただ、本当にうっすらと乗っている程度ですのでパウダーではありません。ただ、やや水分を含んで着雪性があり、アイゼンの裏側やシールに張り付く厄介な雪質となっています。10時30分頃になると、急速に雲が多くなり小雪が舞い始めます。天気予報とは異なった天候推移に、訪れた方の多くが山頂など上部エリアに向かう予定を断念された模様です。

11時30分の位ヶ原急斜面の気温はプラス2℃。この時期としては高めの気温で寒さはありません。ツアーコース全体的にゲレンデのような硬めのバーン状態ですが、位ヶ原急斜面だけパウダーゾーンが広がっています。とはいっても、厳冬期の軽いものではなく、春山のような重たいパウダーという感触の状態です。

<位ヶ原>
ツアーコースから森林限界を超えて、位ヶ原に到達すると急速に天候は悪化し、視界は100メートル程度まで低下します。摩利支天岳のすべり台まで登ってきたというテレマークのお二人は、「バーンはゲレンデみたいな感触ですが、それなりに楽しめました。ただ、爆風に耐えるのが辛くて...」とおっしゃっていました。

また、山頂まで向かったという登山者の話では、「稜線付近はルートを見失いそうなほど視界が悪化していました。」とのこと。ただ、多くの登山者は、「肩の小屋までは比較的雪面が柔らかいものの、それより先はバーンが硬く、視界悪化と強風で引き返して来ました」と、おっしゃり、山頂にたどり着ける状態ではありませんでした。

今回もテント設営されるという登山者が数名いらっしゃいました。夜間の強風や天候急変・雪崩に対応するため、ツアーコース脇の樹林帯への設営がお勧めです。また、ツアーコースより上部の森林限界にある位ヶ原はまっ平でテントの設営が簡単ですが、強風が吹き抜け天候の急変が見られますので、よほどのことがない限りは、森林限界以下のツアーコース脇の樹林帯に設営することをお勧めします。

<ツアーコース積雪状況>
本日のツアーコースの積雪量は下記の通りで、木曜日の大雨は上部では雪だった模様で、ツアーコース下部では積雪が減少し、上部では増加しています。
・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪70センチ。(先週より5センチ減少。昨年より15センチ少ない。)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪115センチ。(先週より5センチ増加。昨年より30センチ多い。)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪175センチ。(先週より15センチ増加。昨年より25センチ多い。)

次回速報は2月24日(土)の予定でしたが、一日前倒しして2月23日(金)の実施予定です。(2024/02/17 20:00更新)

2月17日(土)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】


| 速報バックナンバー | TOP |
 

■2024年2月3日(土)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

終日快晴 − 絶好のバックカントリー日和!
@ 2024/02/03 09:15
入山者は朝一番の段階で20名ほど
(ツアーコース入口)
A 2024/02/03 10:05
青空にくっきりと浮かぶ乗鞍の峰々
(ツアーコース1番付近 − 左:高天ヶ原、右:剣ヶ峰)

B 2024/02/03 11:40
遠景の山並みに背中を押されて
(ツアーコース − 位ヶ原急斜面)

C 2024/02/03 12:45
この景色に巡り合えて...
(位ヶ原)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 今日は終日快晴。雲一つない青空に真っ白な乗鞍の峰々が映える絶好のバックカントリー日和となりました。

<乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、気温マイナス12℃で、夜明け前は少し雲があったものの、日の出ごろには雲一つない快晴の青空となりました。この1週間は水曜日に降雪があったものの、その後は降雪はなく、観光センターまでの道路は国道・県道ともに積雪凍結はありません。ただ、観光センターから先のスキー場方面は路面凍結が見られますので、冬用タイヤ・タイヤチェーンは必須です。

Mt.乗鞍は、今日も通常通りの営業が始まります。バーンは降雪がなく硬めで、エッジを鋭く食い込ませることができる高速ターン向きとなっています。したがって、かもしかゲレンデにはパウダーはありません。しかし、かもしかリフトから望むカラマツ林は、夜間の冷え込みで霧氷に覆われ、白く輝く幻想的な風景が朝日にきらびやかに輝いていて、今日はパウダーよりも風景を思う存分楽しみたい一日が始まります。

<ツアーコース>
9時のツアーコース入口の天候は、快晴・気温マイナス4℃。強い日差しで体感的にはかなり暖かく、アウターを脱いで出発するスキーヤーも数多く見られました。入山者は朝一番の段階で20名ほどで、午前中だけで40名ほどが入山したものと思われます。

ここ数日は降雪がないため、バーン表面は5センチ程度の新雪が乗っているものの幾分パック気味で、雪の結晶がつぶれシールがやや効きにくい状態となっています。そのため、ツアーコース内で最大の難関、入口急斜面上端はシールがかなり効きにくい状態。そのため、大半の方が右側の樹林帯から登って行きましたが、そこでもシールが効かずツボ足で登る姿もありました。

ツアーコース全体の新雪は5〜10センチ程度、入口から3番標識付近までは表面がパック気味でしたが、それ以降は足裏から柔らかな感覚を感じ取ることができます。

ツアーコース最上部、位ヶ原急斜面の11時30分の気温はマイナス2℃。天候は相変わらず快晴で、位ヶ原急斜面から望む遠景の山並みは、厳冬期というこの時期としてはやや霞んでいるものの、くっきりととしたロケーションを楽しむことができます。新雪は10センチ程度ですが若干締まり気味で、この時期らしいパウダーではないことが残念です。

<位ヶ原>
森林限界の位ヶ原に登ると、風がやや強くなって、気温が下がり始めますが、いつもの猛烈な強風・極寒からは想像ができないほど穏やかな状態。位ヶ原の積雪は昨年より20センチほど少なく、7号カーブ付近では道路わきのガードロープがまだ隠れていない状態です。

また、風の影響を受けている模様で、硬いところと柔らかいところがまだらに存在し、すべり台方面では柔らかところを選びながらのシール登攀となったようです。また、山頂方面はアイゼンが必要な状況ですので、冬山装備を万全に整えてお越しください。

<位ヶ原山荘営業開始(本日2月3日から10月末まで)>
年末年始の営業を1月8日に終了してから、しばらく休業されていた位ヶ原山荘が、本日2月3日(土)より営業再開されました。今後、冬季営業のみならずグリーンシーズンが終了する10月末まで継続される模様です。冬季営業する数少ない山小屋のため、数多くの登山者・バックカントリースキーヤーで賑わうものと思われます。なお、位ヶ原山荘までの車道は積雪のため冬季閉鎖となっていますので、雪の中の登山道やツアーコースを登ることができる冬山経験者のみのアクセスできますのでご注意ください。

<ツアーコース積雪状況>
本日のツアーコースの積雪量は下記の通りで、先週より減少しています。
・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪60センチ。(先週より15センチ減少。昨年より30センチ少ない。)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪90センチ。(先週より5センチ減少。昨年より10センチ多い。)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪135センチ。(先週より10センチ減少。昨年と同じ。)

次回速報は2月10日(土)の予定です。(2024/02/03 19:20更新)

2月3日(土)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】


| 速報バックナンバー | TOP |
 

■2024年1月26日(金)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

ツアーコース内でも強風 − 吹きさらしの硬いバーン吹き溜まりのパウダーが混在
@ 2024/01/26 07:45
綺麗に晴れ上がるが、山頂方面は雲がかかる
(観光センター駐車場)
A 2024/01/26 10:25
強風のため、吹き曝し箇所は硬いバーンがむき出しに
(ツアーコース入口)

B 2024/01/26 11:50
でも、吹き溜まりを選べばパウダーが...
(ツアーコース − 3番標識下)

C 2024/01/26 13:05
気温マイナス10℃ − 強風で気温以上の極寒
(ツアーコース − 位ヶ原急斜面)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 今週は強い冬型の天候により、日本海側を中心に大雪になりましたが、乗鞍においては思ったほどの降雪にはならず、降雪よりも強風の影響を大きく受けた状況が見受けられました。

<乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、綺麗な青空が広がる朝を迎えます。気温はマイナス7℃、サラサラとした新雪が5〜10センチほど降り積もっていますが、これは降雪というよりも、強風で吹きだまったもののよう。今週は日本海側を中心に大雪になりましたが、乗鞍においては思ったほどの積雪にはなりませんでした。乗鞍特有の軽い雪が風で飛ばされてしまったことが一因かもしれません。それでも、観光センター前駐車場の除雪の雪山は先週よりも大きくなり、それなりの降雪ではあったことは間違いありません。なお、道路は国道・県道ともに圧雪路になっていますので、冬用タイヤ・タイヤチェーンは必須です。

Mt.乗鞍は、夢の平クワッドリフトが朝一番から不具合が発生したため終日運行となり、それに連動してかもしかリフトも終日運休となりました。なお、復旧作業が進められていましたが、明日は通常運行されることが本日19時ごろ発表されました。

今週の降雪で、かもしかゲレンデもパウダーが期待されますが、新雪は強風により吹き飛ばされてしまい、10〜15センチ程度にとどまっています。

<ツアーコース・積雪状況>
10時のツアーコース入口の天候は、晴・気温マイナス6℃。先ほどのかもしかゲレンデと同様に強風が吹き抜け、いたるところに風紋(シュカブラ)が見られます。入口急斜面では、吹き溜まり箇所にパウダーが残っているものの、風に叩かれてシールのグリップが悪い状態。さらにその先の急斜面上端部分は、先週以上に下地が硬くなり、新雪がほとんど着雪しない状態。したがって、明日以降、入山されれる方は、右側の樹林帯から登ることをおすすめします。

その先のツアーコースも雪さらしの場所はシュカブラが目立ちます。ただ、吹き溜まりなどの場所を選べば、パウダーが楽しめます。

13時の位ヶ原急斜面の天候は小雪・強風・気温マイナス10℃。時折、日差しも差し込みますが、日差しの暖かさは全く感じられず、強風により、気温以上に寒い状態となっています。新雪は30センチ程度ありますが風に叩かれ、雪着きの悪いところは吹き曝しの固いバーンがあり、新雪がうっすら乗っている状態では、吹き溜まりバーンなのか吹き曝しバーンなのかがわかりにくく、滑走時には不意に足元を取られることがありますのでご注意下さい。

本日は森林限界以降に向かうことができる天候状態ではありませんでしたが、明日以降、入山される方は、山頂方面のアイスバーンや雪崩には十分ご注意下さい。

本日のツアーコースの積雪量は下記の通りで、思ったほど増えていません。
・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪75センチ。(先週より25センチ増加。昨年と同じ。)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪95センチ。(先週より15センチ増加。昨年より30センチ多い。)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪145センチ。(先週より10センチ増加。昨年より30センチ多い。)

次回速報は2月3日(土)の予定です。(2024/01/26 20:00更新)

1月26日(金)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】


| 速報バックナンバー | TOP |
 

■2024年1月20日(土)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

時間とともに雪の降り方が強くなる
明日入山の方はディープパウダーが楽しめるかも(雪崩にも注意)
@ 2024/01/20 09:20
出発の準備
(ツアーコース入口)
A 2024/01/20 10:10
悪戦苦闘 − シールが効かない硬いバーン
(ツアーコース − 入口急斜面上端)

B 2024/01/20 10:30
視界が煙るほど、バンバン降る
(ツアーコース − 1番標識下)

C 2024/01/20 12:20
気温0℃・新雪15cm
午後から雪が強くなり、明日が楽しみ
(ツアーコース − 位ヶ原急斜面)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 今日は雪の一日。気温が高い割には軽い雪質で、時間とともに降り方が強くなり、このまま降り続けば、明日はディープパウダーが楽しめるのではないでしょうか?

<乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、曇り空の朝を迎えます。気温はマイナス3℃、朝一番は山頂の輪郭がはっきり確認できたものの、7時を過ぎたあたりから、雲の中飲み込まれて行き、それと同時に、8時ごろから雪が降り始めます。ここ数日間、ほとんど降雪はなく、観光センター付近までの道路は路面凍結等は全くない状態。ただ、観光センターより先はしっかりと積雪状態となっていますので、冬用タイヤ・タイヤチェーンは必須となります。また、この後、雪の降り方が強くなり、午後には乗鞍高原一帯の道路は完全に積雪状態となりました。

Mt.乗鞍は今日も全てのリフトが通常通り運行が開始されます。昨日は夢の平あたりではみぞれだったとのことで、その影響からバーンはやや硬めのバーン。かもしかゲレンデも比較的硬めで、リフト運行開始と同時にかもしかゲレンデに飛び込んだのは、エッジを効かせた高速ターンを楽しむスキーヤーでした。

<ツアーコース・積雪状況>
9時のツアーコース入口の天候は雪・気温プラス2℃。降る雪はみぞれや湿雪ではなく、しっかりとした雪。午後から天候が悪化するため、今日は入山される方は少なめで、20名にも満たない状況です。

ツアーコース入口付近の新雪は10〜15センチ程度、降雪がないためバーンがリセットされないことから、下地のうねりが気になる状態。実際に下山滑走でも入口急斜面はやや滑りにくい状態でした。また、降雪が少ないということは、場所によってはシールが効きにくい状態が想像されますが、入口急斜面の上端部分では新雪が5センチ程度乗っているものの、シールが効きにくく、訪れたスキーヤーの中には、シールでの登行をあきらめてツボ足で登り、スプリットボードの方は、効かないエッジを必死に食いこませながら登っていました。明日以降は右側の樹林帯からの入山が良いかもしれません。

入口急斜面以降のツアーコースは、全体的に10〜20センチ程度の新雪が積もり、積雪量は先週と変わらない状態ですが、先週まで見られた地形のうねりが少なくなってきました。また、降雪は時折激しくなる様子があり、厳冬期のサラサラに乾いた雪質ではないものの、パウダーと言ってよい雪質です。

12時のツアーコース位ヶ原急斜面の天候は雪・気温0℃。この辺りでも15センチ程度の新雪しかありません。ただ、明日の朝まで雪が降り続く予報が出ていますので、明日はディープパウダーが楽しめるかもしれません。もし積雪量が多ければ、雪崩の心配もありますのでご注意下さい。なお、死亡事故を伴う過去の雪崩箇所をその他の画像に掲載しております。必ずご確認の上、雪崩箇所を避ける形で入山されることをお勧めします。位ヶ原急斜面については、可能な限り南側の高い部分(下から見て左側)を登るようお願いいたします。

本日のツアーコースの積雪量は下記の通り。ここ数日間、降雪がないため、先週と同等か少ない状態となっています。
・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪40センチ。(先週と同じ。昨年より20センチ少ない。)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪80センチ。(先週より20センチ減少。昨年より20センチ多い。)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪135センチ。(先週と同じ。昨年より30センチ多い。)

次回速報は一日前倒しして1月26日(金)の予定です。(2024/01/20 20:00更新)

 

1月20日(土)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】


| 速報バックナンバー | TOP |
 

■2024年1月13日(土)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

ディープパウダーと呼べる状態がようやくやってきた
@ 2024/01/13 10:00
本日よりかもしかリフト運行開始
(かもしかゲレンデ−過去10年で2番目に遅い記録)
A 2024/01/13 11:00
新雪50センチに恵まれる
(ツアーコース − 入口急斜面)

B 2024/01/13 14:30
軽いパウダーだが、やや深すぎる
(ツアーコース − 1〜2番標識間)

C 2024/01/13 13:55
新雪70センチ・気温マイナス10℃ − 雪崩にご注意
(ツアーコース − 位ヶ原急斜面)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 7日(日)の降雪と、昨日から降り続く雪により、ようやく厳冬期らしい状況になってきました。

<乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、吹雪の朝を迎えます。気温はマイナス4℃、昨晩から降り始めた雪が5〜10センチほど降り積もっています。この降雪で、すでに国道から路面は白くなっていて、乗鞍高原に通じる県道も朝一番から除雪作業が行われています。降り積もった雪は乗鞍特有の軽い雪質で、軒先の雪かき作業でもサラサラと雪が舞う様子が見られます。

Mt.乗鞍は、8日(月)に夢の平ゲレンデがオープンし、最後まで残されていたかもしかゲレンデが本日オープンします。かもしかリフトの乗り場付近で新雪は20〜30センチ。一番乗りを目指すスキーヤー・ボーダーの方々早々に列を作りますが、リフト降り場の除雪作業に時間を要し、今日は10時に運行が開始されました。かもしかリフトは12月下旬から1月上旬に営業開始となることが多いものの、1月中旬までずれ込むことは珍しく、過去10年間では2016年の1月16日に続いて、2番目に遅い状況となりました(→速報2016年1月16日(土))。

かもしかリフトを降りたスキーヤー・ボーダーの方々は、我先にと降りたてのパウダーに飛び込んで行きました。そして、時間とともに、吹雪がますます強くなって行きます。

<ツアーコース・積雪状況>
10時のツアーコース入口の天候は吹雪・気温マイナス6℃。入口付近の新雪は深いところで50〜60センチにも達するほど。深雪のラッセルは辛いものがありますが雪が軽いため、足への負担は思ったほどではないものの、やはり普段よりもアクセスに時間を要する状態となっています。ツアーコース全区間を通して、新雪が50センチ前後降り積もっていて、積雪量自体も増えてはいるものの、まだ、一部でブッシュが見えていたり、地形のギャップが埋まっていないところがあります。

14時のツアーコース位ヶ原急斜面の天候は、吹雪で気温はマイナス10℃。新雪は深いところで70センチにも達するほど。例年だと年末年始にこれくらいの降雪が見られ、時期的にまだ雪が落ち着いていないため、下地がなく底なし沼状態となります。ただ、今年は雨が降ったりして下地がある程度できているため、スキー板をはずしてツボ足になっても何とか立てる状態になっています。ツアーコースで50センチもの新雪が降ると、深すぎて下山滑走ができない状態となりますが、この下地のおかげでかろうじてターンを刻みながら滑走できる状態となっています。ただ、それでも深い状態であることは間違いないため、明日以降入山される方は、深雪用のスキー板で入山されることをおすすめします。また、急に積雪が増えましたので、雪崩には一応注意をはらってください。

本日のツアーコースの積雪量は下記の通り。先週から10〜50センチほど積雪が増え、今回初めて昨年よりも多くなりました。
・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪40センチ。(先週より10センチ増加。昨年より20センチ少ない。)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪100センチ。(先週より45センチ増加。昨年より35センチ多い。)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪135センチ。(先週より50センチ増加。昨年より40センチ多い。)

次回速報は1月20日(土)の予定です。(2024/01/13 20:00更新)

 

1月13日(土)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】


| 速報バックナンバー | TOP |
 

■2024年1月6日(土)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

ツアーコースの積雪量は過去10年で最も少ないレベル 
@ 2024/01/06 09:25
ツアーコース方面へは全山登行が続く
(Mt.乗鞍 夢の平ゲレンデ)
A 2024/01/06 10:30
ツアーコース積雪量は過去10年で最も少ない
(ツアーコース入口)

B 2024/01/06 12:25
ツアーコースは新雪5〜10センチでパウダーなし
(ツアーコース − 6番の谷)

C 2024/01/06 13:00
気温マイナス4℃、昼前から降雪が始まる
(ツアーコース − 位ヶ原急斜面)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 今シーズンは暖冬傾向となっていますが、年が明けてもほとんど降雪がなく、ツアーコースは過去10年で最も積雪量が少ない状態となっています。

<乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、綺麗な青空が広がる朝を迎えます。気温はプラス1℃。昨晩からの降雪はなく、観光センターまでの道路には路面積雪や凍結はありません。天候は悪化傾向で、山頂方面は完全に雲に飲み込まれ風がやや出てきて、上空の青空も雲に覆われ始めます。観光センターまでの道路は路面凍結はないものの、その先は隣接するゲレンデの造雪作業の影響から圧雪路となっていますので、冬用タイヤ・タイヤチェーンが必須です。

Mt.乗鞍は雪不足の影響から、やまぼうしリフトと山麓リフトの2本しか稼働できない状態。上部の夢の平ゲレンデでは造雪作業が連日実施されているものの、まだ稼働できない状態ですが、1月8日(月)の営業開始を予定しているようです。年が明けても夢の平より上部の営業ができない状況は、2016年以来、8年ぶりのことです。

<かもしかゲレンデ>
9時のかもしかゲレンデの気温は2℃。青空はほぼなくなり曇り空となって来ました。バーンはうっすらと新雪が乗っている程度でパウダーを楽しめる状態ではありません。ただ、下地の硬さはあまり感じられず、パウダーではないものの、それなりに楽しく滑走できるバーン状態でした。

<ツアーコース・積雪状況>
10時のツアーコース入口の天候は小雪・気温マイナス2℃。雪というよりも細かなあられといった状態の降雪です。新雪はほとんどなく5センチ程度。下地に硬さを感じられるものの、登山の方などツボ足だと下まで踏みぬいてしまう状態です。

この時期は下地が硬くなって来たとしても、まだ雨が降ってないため、ツボ足で歩けるほどの硬さではありませんので、ワカンやスノーシューが必要です。ツボ足で容易に歩けるようになるのは春先になってからのことで、何度か雨が降って下地が固まるからです。今の時期は下地は固まってませんので、前日に降雪がなくても深雪を歩くことができる装備が必要となります(←膝よりも上まで踏みぬくとアクセスに時間がかかる)。通常、冬山装備としてアイゼン・ピッケルは必須と思われますが、ワカンやスノーシューもあわせて実装されることをおすすめします。また、今年のように降雪が続かない状態だと、森林限界を超えた先の山頂方面はアイスバーンとなりますのでご注意ください。

ツアーコース最上部となる位ヶ原急斜面の気温はマイナス4℃、新雪は10センチ程度しかありません。天候は吹雪となってきて、入山された方の大半はここで引き返された模様です。

本日のツアーコースの積雪量は下記の通り。場所によって違いはありますが、過去10年間で最も少ない状態です。
・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪30センチ。(先週よりと同じ、昨年より50センチ少ない。過去10年間で2016年・2019年と並んで最も少ない)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪55センチ。(先週よりと同じ、昨年より15センチ少ない。過去10年間で最も少ない)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪85センチ。(先週より5センチ減少、昨年より25センチ少ない。過去10年間で2019年・2017年に次いで少ない)

次回速報は1月13日(土)の予定です。(2024/01/06 19:00更新)

1月6日(土)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】



| 速報バックナンバー | TOP |
 

■2024年1月1日(月)     

※ ご注意 − 11月より山頂方面は冬季閉鎖となり、シャトルバスなどの交通手段はありません。十分な装備を完備した冬山経験者のみ入山できる状態ですのでご注意下さい。

初日の出も拝めることができた快晴の元日 
@ 2024/01/01 07:45
快晴の元日は5年ぶり
(観光センター)
A 2024/01/01 10:45
くっきりとした青空に乗鞍が浮かぶ
(ツアーコース − 1番標識付近)

B 2024/01/01 11:50
気温5℃、穏やかなコンディション
(ツアーコース − 位ヶ原急斜面)

C 2024/01/01 12:55
毎年恒例の初滑り
(位ヶ原)

画像・記事の転載・引用・リンクについて

 ▼ 新年あけましておめでとうございます。本年も乗鞍大雪渓WebSiteをご愛読下さいますようお願い申し上げます。昨日の雨から一転して、今日は快晴の一日を送ることができました。

<初日の出、乗鞍高原、道路状況、Mt.乗鞍>
早朝7時の乗鞍高原は、綺麗な青空が広がる朝を迎えます。気温はマイナス5℃。東の空に雲があって、今日の日の出は7時45分頃となりました。標高2350メートルの雪山にある位ヶ原山荘では、1月8日(月)まで年末年始営業が行われていますが、今朝は久しぶりに初日の出を拝むことができました。位ヶ原山荘での初日の出は、2019年以来、5年ぶりのことです。

昨日の乗鞍高原は夕方近くまで雨の一日でした。ただ、夜中になって若干の降雪があり、楢の木坂よりも上部の道路はうっすらと白くなり、観光センター周辺では数センチの積雪となっていました。

Mt.乗鞍は雪不足のため、やまぼうしリフトと山麓リフトの二本しか営業できず、夢の平より上部はまだ営業できるゲレンデコンディションではありません。年が明けても夢の平より上部の営業ができない状況は、2016年以来、8年ぶりのことです。そのため、ツアーコース方面へのアクセスは、休暇村ゲレンデ、または、Mt.乗鞍の夢の平ゲレンデよりスタートすることとなります(夢の平ゲレンデまではやまぼうしリフト、または、山麓リフトでアクセス可能)。

<かもしかゲレンデ>
9時のかもしかげれでの気温は2℃、晴れていますが、山頂方面に激しく雲が流れ、山頂は雪煙があがっています。昨日はツアーコース2番付近まで雨だった模様で、かもしかゲレンデは明け方に降った雪がうっすらと積もる程度。綺麗に見えるバーンコンディションも、薄い新雪の下層はガタガタのバーンになっていて、パウダーは皆無です。

<ツアーコース・積雪状況>
10時のツアーコース入口の天候は快晴・気温4℃、新雪は5〜10センチ程度。ブッシュが目立ちますが問題になる状態でありません。ただ、入口急斜面上端部分は、硬いバーンにうっすらと新雪が乗っている状態ですので、シールだとかなり滑りやすく、隣の樹林帯からのアクセスをお勧めします。

ツアーコースは、昨日の雨の影響はあまり残ってなく、10〜20センチ程度の新雪に覆われています。日中は山麓からの霧・雲が絶えず流れていて、日差しがさえぎられていた影響から、バーンコンディションは思ったよりも良い状態です。

・ 1番標識付近(標高 約2130メートル)で積雪30センチ。(先週より5センチ増加、昨年より50センチ少ない)
・ 3番標識付近(標高 約2235メートル)で積雪55センチ。(先週より5センチ増加、昨年より20センチ少ない)
・ 5番標識付近(標高 約2305メートル)で積雪90センチ。(先週より5センチ増加、昨年より20センチ少ない)

<位ヶ原・初滑り>
正午の位ヶ原急斜面の気温は5℃と暖かな状態が続き、その先の位ヶ原でも2℃と寒さはあえりません。日差しが強く、冷たい空気をかき消してくれるためです。新雪そのものはクセのない柔らかなものですが、全体的な積雪量が少ない状態です。また、昨晩の降雪で幾分バーン状態が回復した模様ですが、山頂方面はアイスバーン状態となっていますので、滑落には十分注意してください。

毎年恒例の初滑りも状態のよい所を探しながらのものとなりましたが、終日快晴の中、厳冬期とは思えない綺麗な青空と暖かな日差しに恵まれた一日を送ることができました。

<令和6年能登半島地震>
本日16時過ぎに石川県で発生した地震ですが、乗鞍でも何度も揺れました(松本市 震度4)。乗鞍高原から見る山頂方面には雪崩の様子もなく、年末年始営業を行っている位ヶ原山荘は、やや激しい揺れがあったものの、被害などの影響はなかったとのことでした。今シーズンは積雪量が少ないため、地震による雪崩の影響は現時点ではないものと思われますが、明日以降、入山される方は細心の注意のもとお願いいたします。

次回速報は1月6日(土)の予定です。(2024/01/01 20:40更新)

1月1日(月)速報 − そのほかの画像 (クリックで拡大)】


| 速報バックナンバー | TOP |
 

 

●これより過去の速報はバックナンバーに格納しております → 速報バックナンバー2023年11・12月分速報バックナンバー目次(2023年10月以前の速報)
 
            

 

◎目次

速報バックナンバー
■これまでの現地速報■
これまでトップページに載せていました現地からの速報のバックナンバーです。マイカー規制前の県道乗鞍岳線のはげしい渋滞の様子など今後絶対にみることのできない貴重な(?)画像も掲載しています。

2022シーズン ノリクラ雪渓カレンダー(正式版)★  2020シーズンより紅葉版のみ掲載しております(それ以外の時期は速報バックナンバーをご覧下さい)
■通常版は5月中旬より開始■
乗鞍大雪渓の雪渓の状態、高山植物の様子をお伝えします。夏スキー・登山・紅葉で乗鞍岳にお越しの方はぜひご覧ください。
バックナンバーはこちら → 2001シーズン  2002シーズン  2003シーズン  2004シーズン  2005シーズン  2006シーズン 2007プレリリース 2007シーズン 2008プレリリース 2008シーズン 2009プレリリース 2009シーズン 2010プレリリース 2010シーズン 2011プレリリース 2011 2012プレリリース 2012 2013プレリリース 2013 2014プレリリース 2014 2015プレリリース 2015 2016プレリリース 2016 2017プレリリース 2017 2018プレリリース 2018 2019プレリリース 2019 2020プレリリース 2020 2021

乗鞍岳へのアクセス(乗鞍大雪渓WebSiteの歩き方)
■初めてノリクラにお越しになる方へ、初めて当WebSiteをご覧になる方へ■
乗鞍岳へのアクセス方法をご紹介しながら、当WebSiteの歩き方をご案内します。
初めてノリクラにお越しになる方、初めて当WebSiteをご覧になる方は、是非、お立ち寄りください。

ノリクラ ヒルクライム・マラソン大会関連
■全日本マウンテンサイクリング(自転車) − 自動車道最高標高地点をめざすヒルクライム自転車レースの模様■
標高1400メートルの乗鞍高原から標高2700メートルの自動車道最高標高地点の畳平まで標高差1300メートル、距離約22kmのヒルクライムレースが、毎年8月下旬に県道乗鞍岳線を舞台に開催されます。3000名近くの選手が参加され、受付開始からあっという間に定員になってしまうほど人気の自転車レースです。
■乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム(自転車) − 自動車道最高標高地点をめざすヒルクライム自転車レースの模様■
長野県側の県道乗鞍岳線で開催される全日本マウンテンサイクリングin乗鞍に対し、こちらは岐阜県側の乗鞍スカイラインで開催されるヒルクライムレース。標高1600メートルの平湯峠から標高2700メートルの自動車道最高標高地点の畳平まで標高差1100メートル、距離約14kmと全日本マウンテンサイクリングin乗鞍よりもやや規模は小さいものの、勾配が急でこちらもかなりキツそうな大会です。マイカー規制開始の翌年の2004年から開催された新しい大会です。
■乗鞍天空マラソン(マラソン) − 冬季閉鎖中の県道乗鞍岳線で雪の壁の中を走るマラソン大会■
冬季閉鎖中の県道乗鞍岳線で雪の壁の中を走るマラソン大会。自転車のヒルクライムとは異なり、大雪渓駐車場で折り返して下りもレースの一部です。雨に見舞われることの多い時期ですが、年々参加者が増えています。

乗鞍岳マイカー規制・乗り換え駐車場・シャトルバス情報★
■県道乗鞍岳線・乗鞍スカイラインマイカー規制・シャトルバスに関する情報■
長野県側の県道乗鞍岳線、岐阜県側の乗鞍スカイラインのマイカー規制、乗り換え駐車場、シャトルバスの情報を掲載しております。

| TOP|


| 画像・記事の転載・引用・リンク |

Copyright (C)   乗鞍大雪渓WebSite